環境にやさしいライフスタイルの提案

2017年11月06日 更新
地産地消費の提案

大丸、松坂屋各店では、環境活動の重点項目として、持続可能な社会の構築に貢献するため、お客様の生活の中に「エコ」「エシカル」を取り入れるための提案を行っています。6月、10月の環境月間には、各店の売場で環境配慮型商品のご提供や、環境負荷の低減につながるライフスタイル提案を企画・推進しています。

良品・高品質商品の提案

キャディーバッグ

和伝統の有松絞りで魅せる キャディバッグ

品質の良い商品を長くご愛用いただくことは、環境にやさしいライフスタイルの基本です。松坂屋名古屋店では、日本の美意識が表れる匠の技に焦点を当てた全館フェア「にほんのよきもの」を開催。期間限定ショップや職人による実演も実施し、日本のものづくりの素晴らしさとともに、使うほどに愛着が増す「よきもの」を各階で紹介しました。

リサイクル活動の推進

「エコフ」リサイクルキャンペーン

大丸松坂屋百貨店では、「エコフ リサイクルキャンペーン」を実施しています。お客様の不要になった衣料品・靴・バッグを店舗へご持参いただき、引き換えにお渡しするショッピング サポートチケットを利用して、新しい商品を少しお得にお買物していただこうという企画です。不要衣料品を活用するお買い物スタイルとして、この取り組みを「ECO+OFF」=ECOFF(エコフ)と名づけました。
初開催の2016年(夏・冬各1回)にお客様がご持参された衣料品・靴・バッグは、約26万点に上りました。回収品はバイオエタノールやコークスなどへリサイクルしています。

地産地消費の提案

地産地消費の提案

兵庫県の地場野菜コーナー(大丸神戸店)

地域の生産品をその地域で消費する「地産地消」は、輸送距離が短いため、輸送や保冷に伴うCO2の排出が少なくなるなど、環境への負荷が小さくなります。地域産業の活性化にも繋がる取り組みとして、各店では食品や衣料品、工芸品など幅広い商品について、フェアを開催し拡販に取り組んでいます。

Cool Biz Styleの提案

日本の暑い夏を、空調に頼りすぎず快適に過ごすビジネススタイルとしての「Cool Biz」は、全国で定着しています。2017年も各店でスマートなビジネススタイルの提案を実施しました。襟元がスマートに見えるビジネスシャツやビジポロは既に定番化し、最近では、接触冷感やご家庭で洗える素材などの機能が付加価値として支持されています。

「SMART COOL Life」の展開

リビング部門においては、「節電対策 快適な夏の生活」の提案として、「接触冷感素材」を使用したダウンケットや自然素材の“い草"を使用した「ごろ寝マット」、「ラグ」などの「い草シリーズ」等の商材を充実して品揃えし、お客様に「快適な夏の暮らし」をご提供しました。

Cool Biz Styleの提案