重点施策

2017年01月20日 更新

海外事業への取り組み

J.フロント リテイリングは、グループとして持続的な成長を実現するためには、海外の成長する市場に挑戦していくことが重要と考えています。

特に、急速な拡大・発展を続ける中国・アセアン地域は当社グループの事業にとって有望な成長市場と捉えています。
 上海市の中心地・人民広場近くにある、市内で第2位の売上高を誇る百貨店「新世界城」。この「新世界城」を経営する上海新世界股份有限公司を筆頭株主とする上海新南東項目管理有限公司は、上海有数の商業地である黄浦区南京大路に、営業面積6万㎡規模の本格的な百貨店の開発を計画。当社は、2013年1月、上海新南東項目管理有限公司および上海新世界股份有限公司の2社と事業提携契約を締結。中国で屈指の高級百貨店をつくりあげるため店長を含めた10名程度の人材を派遣し、当社が持つマーケティング、商品構成、内装環境デザイン、従業員への販売サービス教育、カード政策、百貨店の開業準備に関わる技術支援を行ってきました。


 新店舗の名称は「上海新世界大丸百貨」。「ラグジュアリー性とエンターテイメント性をあわせ持った、今日的な新・高級百貨店」をコンセプトに、2015年5月グランドオープンしました。今回の事業提携において、現地の小売ビジネスを実際に経験することで、中国でのビジネスノウハウを取得することができると考えています。また、上海をはじめ中国で「大丸」の認知度を高めることにより、来日した中国人旅行客の大丸店舗の利用増、売上増も期待できます。当社は、今回の事業提携を期に、有望市場である中国での百貨店事業展開に取り組んでいきます。
 その他のグループ会社でも、J.フロント建装が中国での商業施設設計の受注を目指し、2011年12月に上海に駐在員事務所を開設したほか、大丸興業がアセアン地域での事業拡大を目指し、2012年1月にタイに現地法人を設立するなど、アジアの拠点強化に取り組んでいます。
今後も、グループ各社の強みを生かした積極的な海外展開を進めていきます。

1 2 3 4 5 6 7