大丸松坂屋百貨店| 社員紹介

トップ > 大丸松坂屋百貨店 > 社員紹介 > 猪田 清香

猪田 清香

猪田 清香 MD戦略推進室 自主事業統括部 バイヤー

2003年入社 家政学部被服学科卒

入社を志望した理由

私は就職活動中、「大学で学んだ被服の知識を活かせる」「ファッションを通じて人に接する」「幅広いカテゴリーに携われる」の3つを条件として企業を探した結果、大丸百貨店(当時)にたどり着きました。単にファッションが好きで販売したいというより、大学ではアトピー性皮膚炎の人に優しい素材の布団といった研究もしていたので、幅広い商品コンサルタントによって、多くの人々のライフスタイルに寄り添って課題を解決していける可能性も、当社ならば追求できると思いました。

担当している仕事

入社後は婦人服の販売、アシスタントバイヤー、マネジメントなどを経て、2013年春から自主事業統括部に配属され婦人雑貨・小物類を担当。現在は2015年春オープン予定の新しいフロアの完成に向けて、バイヤーとしてチームの統括をしています。近年は例えば高価なブランド服にカジュアルなデニムをコーディネートするなど、ファッションにおいても趣味嗜好はますます多様化しています。多様化するお客様の期待に応えられるよう、従来のフロアとは異なる、国内外から集めた選りすぐりのアイテムを揃えるなど、全く新しいラグジュアリーなフロアを目指しています。

猪田 清香 猪田 清香

仕事のやりがい

私の担当している小物・雑貨は幅広いだけに情報収集が大切です。素材や加工工場などに目星をつけてヨーロッパ圏まで仕入れに行くこともあります。バイヤーは良い品質のものを安く仕入れることがポイントなので、最終品を仕入れるだけではなく、素材や加工工程にも参加し、オリジナル商品を作るといったことも行います。社内外の多くの人と多く関わって交渉していくので、商品を見極める選択眼や交渉力が磨けますし、視野が大きく広がっていくことがやりがいです。

会社のここが魅力

何よりも「人」にあると思います。本社は日本の西と東の両方の出身者が集結しており、個性と魅力に溢れる人が多いことを感じます。パワーとエネルギーを持った人から直接良い刺激と影響を受けていくことができるので、人として成長している実感もありますよ。また、自分の意見を持ちつつ、他の人の視点や意見も大切に取り込める人が、リーダーとして活躍しています。また「こうなりたい」「こうしたい」という強い想いや意志をくんで、チャンスを与えてくれるのも当社の魅力です。

猪田 清香

将来の目標・夢

私は現在、新しいフロアの創出という使命を担っていますが、売場をより魅力的なものにしたいという情熱、それでいて市場を客観的に分析できる冷静さの両方が必要だと改めて感じています。「こんな感じの商品を揃えた空間はここにしかない」いう売場をつくり、一つの店舗から多店舗に広がり、当社の新カテゴリーとなるよう、オープンから軌道に乗るまでを見届けたい。「自分はこうしたい」というやる気と想いを持っている方は、新しい価値を提出するような売場づくりに参加しませんか?

ENTRY