大丸松坂屋百貨店| 社員紹介

トップ > 大丸松坂屋百貨店 > 社員紹介 > 熊本 俊介

熊本 俊介

熊本 俊介 MD戦略推進室 ショップ運営第一統括部 ディベロッパー&エディター

2003年入社 法学部政治学科卒

入社を志望した理由

学生時代にクラブDJイベントを行っていた経験から、エンタテインメント領域で人を喜ばせたり、楽しませる仕事が自分には向いていると思いました。自分次第でいろいろなモノやコトに携われ、その反響や評価が現場で体感できると思って百貨店を志望しました。業界の中でも大丸は当時、いち早く変革を標榜し、成長していく可能性を一番感じました。また札幌から福岡まで、全国にバランス良く店舗があり、人が集まるプラットフォームで何か面白いことを仕掛けていける、と思ったのです。

担当している仕事

大丸京都店で販売に始まり、大丸東京店でアシスタントバイヤー、さらに大丸東京店増床計画担当、販売促進担当、マネジャー等を経て、2014年6月から本社でディベロッパー&エディターを担当しています。具体的な仕事は百貨店に新しくショップを導入したり、再編したりする仕事です。大丸や松坂屋各店の戦略に基づき、お客様に人気のあるブランドの導入を目指し、集客と収益性を高め、各店に貢献することがミッション。ショップの売上や動向を分析し、互いの思惑・駆け引きもありますが、戦略と情熱を大切に交渉しています。

熊本 俊介 熊本 俊介

仕事のやりがい

大丸東京店の販促担当時代に、お客様を呼び込む仕掛けとして企画した「街コン」が印象に残ります。特にバレンタインデーに実施した街コンでは、コミュニケーションが弾むようなサプライズを用意。社内の方々やフロア・飲食店に協力を仰いだり、今までの仕事やDJイベントを通じて得た人脈を活かして協賛の募集や環境作りを行いました。限られた予算ではありましたが、若者を中心に多くの人にご来店頂き、大丸東京店を身近に感じて頂けたと感じています。東京店は増床計画から関わっただけに感動もひとしおでした。

会社のここが魅力

教育制度が充実し、いろいろなチャンスを利用できることです。アシスタントバイヤー時代に、企業派遣で青山学院大学大学院に2年間通ってMBA資格を取得しました。他業界のビジネスパーソンと切磋琢磨しながら課題に取り組む中で、本当に大きな刺激を受けて自分がさらに飛躍するきっかけを得ました。それ以前にもIFIビジネススクールやグロービスで学ぶチャンスをもらいました。これらの学びは、様々な提案を社内外に持ちかける時の説得力・プレゼン力につながっていると思います。

熊本 俊介

将来の目標・夢

仕事は自分で考え、共感を引き出す戦略ありきの部分はありますが、最後の決定打は「情熱」だと思います。その意味で、今後も「これは熊本にしかできない」「これは熊本だからこそ、一緒にやりたい」そんな風に思ってもらえる仕事を継続的にやりたいです。また百貨店という枠や既成概念に捉われず、JFRグループとして新規事業を企てたり、海外に関わる事業にも積極的にチャレンジしていきたいですね。人生は一回なので、皆さんも自分はどうありたいのかを考えた上で挑んでください。

ENTRY