大丸松坂屋百貨店| 社員紹介

トップ > 大丸松坂屋百貨店 > 社員紹介 > 岡崎 路易

岡崎 路易

岡崎 路易 業務本部財務部 スタッフ

2004年入社 工学部卒

入社を志望した理由

私は工学部でモノづくりについて、いろいろと勉強していました。そうする中で、モノづくりでは顧客の顔が見えないのではないかと思い始め、小売業に興味を持つようになりました。それもただ商品を販売するのではなく、商品+エンターテイメントを提供する仕事に就きたいと思うようになりました。映画、音楽、マスコミ、百貨店と就職活動をする中で、商品を通じてエンターテイメントを提供する百貨店業界を選びました。

担当している仕事

業務本部財務部という部署で、経理・財務の仕事をしています。経理・財務と一口に言っても、業務内容は多岐にわたります。部門としての大きな業務は、決算業務と税務申告と予算構成の3つです。
このほか、新しい会計基準の研究を行ったり、各店の会計処理の相談にのったり、当社の会計処理が適正に行われるよう指導しています。

岡崎 路易s

仕事のやりがい

新しいことに取り組むことにやりがいを感じます。それは、自分にとって新しいというだけでなく、会社として今までにやっていなかったことに取り組むことも同様です。売場では、新しい顧客サービスを考え、売場のみんなで実践しました。現在では、新しい会計基準を取り入れたりすることです。「今のままが一番いい」現状維持がいいという人もたくさんいますので、新しいことをするには障壁もあります。それを乗り越えて、成し遂げたときの達成感にはとてもやりがいを感じますね。

会社のここが魅力

インターネットショッピングをはじめ、さまざまな競合が出現する中、百貨店は既存の大型店舗を中心とした営業形態であり、古い体質の業界と見られがちです。しかし当社は新しい発想、新しい取り組みで進化し続けようとしています。その考えは一人ひとりの働き方にまで落としこまれ、若手であろうと新しいことに取り組むことができますし、それが求められます。新しいことに取り組む姿勢を若い頃から身につけることができるのが大きな魅力ではないでしょうか。

将来の目標・夢

私は、会社の支援をいただき神戸大学のMBAに通いました。それは経営について、特に会計と会社組織の関係について研究し、この学びをこれからの実務に生かしていきたいと考えたからです。学んだことを実務に生かすことができる、社会人としての学びは、学生の時の学びとはまた違った面白さがあります。MBAを卒業し、現在は大学院の博士課程で学んでいます。アカデミックなバックボーンを持った実務家になりたい。自分は店舗という表舞台には出ませんが、その陰で企業価値を高めていく存在になれたらと思っています。

ENTRY