大丸興業| 社員紹介

トップ > 大丸興業 > 社員紹介 > 泉井 恵

泉井 恵

泉井 恵 電子デバイス統轄部 電子デバイス・システムチーム

2009年入社 外国語学部卒

入社を志望した理由

大学時代は英米語学を専攻していたこともあり、その学びを活かして、世界を舞台に仕事ができる商社の仕事をしたいと考えていました。その中で大丸興業を選んだのは、会社の風土が自分に合いそうだと感じたからです。実際の仕事内容や会社の雰囲気というのは中に入ってみないとわからないものですが、選考を進めていく中で、社員の方とお話する機会があり、私と同じ考えを持った方や素敵な目標を持った方がいらっしゃったのです。こういった先輩や仲間たちとなら、自分も成長していける、と具体的に働く姿を想像することができたので、入社を決意しました。

仕事のやりがい

入社当初の配属は食品統轄部の畜産チームで、食肉の輸入から加工・販売までの業務に携わっていました。お客様に提案し購入していただいた商品が実際にスーパーの店頭に並び、自分の仕事が形になるのを目の当たりにし、とても嬉しく感じていました。4年目になると、電子デバイス・システムチームに異動になりました。理系ではない私が電子を担当するということになり、正直に言えば少し心配もありましたが、長年電子分野に携わっている人とは違った視点から生まれる意見やアイデアを出すことによって、新たなビジネスへのきっかけを作るよう努めています。実際、電子デバイス統轄部での仕事に就いてみると、専門的な知識以上に自身の営業力が仕事に大きく影響することを実感しています。現在は、どうやって仕事をつかんでいくか、じっくり考えて行動に移し、お客様からの受注につなげることにやりがいを感じています。

泉井 恵 泉井 恵

仕事を通して成長した点

担当しているお客様より短納期で製品の納入を依頼されることがよくあります。担当になった当初は、お客様の希望どおり早く仕上げたい、でも仕入先様へもあまり無理をお願いできない、と悩みながら右往左往していました。次第に先を考えて行動することで物事をスムーズに進められるようになり、双方へ無理のない範囲で調整してもらう交渉も出来るようになりました。このように成功や失敗も含めた様々な経験を積み重ねていくことによって、自身が成長したと感じています。

Creativity & Challengeについて

J.フロント リテイリングが求める人材はCreativity&Challengeという常に前に進んでいくような姿勢を持っている人ですが、必ずしも初めからこの2つを兼ね備えている必要はないと思います。私自身Challenge精神はありますが、価値を生み出すCreativityに関してはまだ自信がありません。しかし当グループには、経験豊かな上司や先輩がたくさんいますので、成長をしっかりとサポートしてくれます。今はまだ自分に自信がないという人でも、ぜひ挑戦してほしいと思います。

泉井 恵
ENTRY