大丸興業| 社員紹介

トップ > 大丸興業 > 社員紹介 > 島村 剛史

島村 剛史

島村 剛史 自動車・産業資材統轄部 ビークルパーツチーム

2012年入社 法学部卒

入社を志望した理由

大学時代から国際法や国際取引法など、国際的な視野で法律を学んでいたこともあり、就職活動時から、グローバルに働きたいと思っていました。それと同時に、商品やサービスなども特定せずに、幅広く様々なことを知りたい、経験したいとも考えていました。大丸興業は、アジアを中心に展開している商社であり、海外とのコミュニケーションも日常的にある上に、食品から自動車関連まで、幅広くビジネスを展開しています。ここなら私のやりたいことが存分にできる環境があると考えて入社を志望しました。

現在の仕事について

入社時は、お客様である自動車メーカー様、自動車部品メーカー様から図面や3次元データをお預かりし、製法や原材料、細部の形状などを提案しながら製品として金属部品、プラスチック部品をお納めするという仕事を担当していました。その経験を踏まえ、現在は、自動車メーカー様向けに自動車部品を各国から輸入し、販売しています。仕事内容は入社時より大きく変わりましたが、ものづくりに携わる仕事であることは変わらず、入社時から経験してきたことが糧となっています。今後も、失敗を恐れず、前向きに取り組んでいきたいです。

島村 剛史 島村 剛史

仕事のやりがい

私にとっての仕事のやりがいは、「自分が関わった仕事でお客様に喜んでもらうこと」です。大丸興業の仕事は、幅広い商材を通じて、お客様が要求するものを形にして提供することです。よって、自ら企画した製品を広く販売するメーカーとは違い、一つ一つ異なる要望に応えるには、様々な手段や過程があり、その選択も一人ひとりの判断に任されています。また、単なる御用聞きとしてではなく、お客様の期待を超える何かを生み出すこと。それが私たちの役割だと考えています。そしてお客様に喜んでもらうために最も重要なのは成果ですから、更に成長して成果を生み出せる人材になりたいと思っています。

仕事を通して成長した点

担当を持つ中で、自分自身で判断しなければならない場面が多くあります。その際の判断基準や上司への相談のタイミングなどは、日々の業務の中で積み上げられるものであり、仕事を通して成長した部分だと思います。大丸興業は、若手でも一人ひとりの裁量が大きく、任せていただける仕事が多くあります。その分責任は伴いますが、成長する場も多くあります。自分自身まだまだこれからだとは思いますが、何事も成長の糧になると思いながら取り組んでいます。

島村 剛史

Creativity & Challengeについて

J.フロント リテイリングには、さまざまな会社があります。その中で、商社という位置づけにある大丸興業では、Creativity&Challengeを最も意識しなければならないと思います。現状を打破し、創造していく。そのためには、日々新たなことに挑戦していかなければならない。商社である我々にはこの姿勢が求められていると思います。私は、将来は、海外で働きたいと考えています。大丸興業は、海外拠点もアジアを中心に多く、海外で働くチャンスは大いにあります。ただ欧米の事務所がありません。私は、将来欧米でのビジネスを作り、欧米に海外拠点を作りたいと考えています。これが今の私の目標でありCreativity&Challengeです。

ENTRY