博多大丸| 社員紹介

トップ > 博多大丸 > 社員紹介 > 川崎 涼平

川崎 涼平

川崎 涼平 営業1部 婦人洋品・アクセサリー担当 サブマネジャー

2005年入社 経済学部卒

担当している仕事

婦人服やハンドバック売場、子供服売場、催事、販促企画などの部署を経て、婦人用品・アクセサリー売場のサブマネジャーをしています。売場全体の展開計画を立てたり、販売員のカウンセリングをしたりするのが主な仕事。フロア全体のモチベーションをどう上げていくかを一番に考えています。一緒に仕事をする人の多くは、取引先の販売員の方。意思疎通が一方通行にならないように、お互いに尊重し合いながら取り組めるように心掛けています。

仕事のやりがい

販促企画の部署で、イベントスペースを担当していた時のことです。パサージュ広場のクリスマスツリーの点灯式に集まったお客様が、とても感動されている姿を見て、これまでにないやりがいや達成感を味わいました。商品をお買い上げいただくこと以外に、お客様に幸せになっていただける喜びを感じることができた瞬間です。現在、担当している売場は、「百貨店の顔」とも言える売場。これまでにない新しい仕掛けをチャレンジし、常に変化をもたらすことが今の仕事のやりがいとなっています。

川崎 涼平 川崎 涼平

仕事を通して成長した点

百貨店の特性だと思いますが、担当の売場を移動するだけで、全く別の会社に来たような感覚になります。取引先や扱う商品が全て変わりますし、組織が大きいだけに、多くの人と関わります。催事やイベント担当になると、アーティストやイベント運営会社など、異なる業界の人と一緒に仕事する機会もあります。いろんな部署を経験させてもらえたことで、私自身、多くの人との出会いに恵まれ、物事を広い視野で見ることができるようになりました。

会社のここが魅力

昔から、“地域に密着する百貨店”として、お客様の日常に寄り添ってきた当社のいちばんの強みは、博多大丸として独立した運営ができていることだと思います。地域に根付いた発想やアイデア、地場のお客様の声を取り入れやすい風土があり、それが、私たち社員にとっても仕事のやりがいや会社の魅力につながっていると思います。また、会社で一致団結した時は、もの凄いパワーが出ます。社員同士の絆が強く、みんなで目標に向かっていこうという意識が高い会社です。

川崎 涼平

将来の目標・夢

担当の売場スタッフは100人を超えていますが、自分から積極的に一人ひとりに声を掛けるようにすることで、信頼関係を築いていきたいと思っています。サブマネジャーとして、誰からも頼りにされる存在になることが目標です。そして、お客様にお買い物を楽しんでいただくという従来の百貨店のカタチに捉われることなく、楽しい思い出を持ち帰っていただけるような売場、百貨店づくりをめざしたいと思っています。

ENTRY