J.フロント建装| 社員紹介

トップ > J.フロント建装 > 社員紹介 > 山﨑 麻央

山﨑 麻央

山﨑 麻央 設計本部 西日本設計部 企画設計第1担当

2008年入社 芸術学部デザイン学科卒

入社を志望した理由

学生時代の専攻はスペースデザイン。人を笑顔にする空間を創りたいという思いで、内装設計の道に進みました。就職活動ではJ.フロント建装も含め数社応募しましたが、百貨店を始め、有名物件や大型プロジェクトを手掛けている点がすごく魅力的でした。また他社の面接では、不快な思いをする面接官の方がいたりしましたが、J.フロント建装の試験や面接でお会いする方は、皆さん良い方ばかり。本音で語ってくれる点も好印象で、ここで働きたいと思うようになりました。

担当している仕事

最初の3年間は製作設計チームで、施工図を手掛けていました。初めて現場に行き、私の描いた図面で職人さんたちが施工をしてくれているのを見た時、大きな責任を感じたのを覚えています。現在は企画設計のチームに異動し、意匠提案から施工までの設計を担当しています。手掛ける物件は、ホテルや店舗、事務所などさまざま。企画段階から入るのでコンペ案件も多いのですが、初めて手掛けたコンペで、私の提案が採用された時のことは、忘れられない思い出です。

山﨑 麻央 山﨑 麻央

仕事のやりがい

お客様のお話をもとに企画を考え、デザインに落とし込んでいくのですが、自分のアイデアが職人さんたちの力を借りて形になっていくのを見るのは楽しいですね。また何より嬉しいのは、その物件をお客様に喜んで頂けたとき。お引き渡しまでは、やはり緊張しますが、お客様の笑顔やお褒めの言葉は、大きなやりがいに繋がります。OPEN後、物件が好調だという話をお伺いできた時は、施設をご利用いただいているお客様にも喜んでいただけたのだと本当に嬉しくなります。

成長を感じるとき

一度仕事をさせて頂いたお客様から再度お仕事を頂いた時です。前回の提案が満足頂けたからこそ声がかかるわけですから、自信にもなりますよ。また、仕事の中で自分の強みができた時にも成長を感じます。私の場合はFFEと言って家具や照明、備品などの企画提案の仕事が続いたこともあり、各メーカーの特長やコーディネートの知識が増えました。今ではこうした案件には、まず声がかかるようになりました。今後も得意分野として伸ばしていきたいと思っているジャンルです。

山﨑 麻央

将来の目標・夢

J.フロント建装の一員としてだけではなく、「山﨑さんに」と個人で指名を頂けるような設計者になるのが目標です。その為にも、得意分野をもっと伸ばし、苦手分野も克服できるように努力していこうと思っています。そして、直接のお客様である施工主様はもちろん、そこを訪れるお客様も笑顔にでき、思い出と共に心に残る空間を少しでも多く創っていきたいですね。学生の頃から変わらない私の夢を実現できる会社に入社できて、本当に良かったと思っています。

他の社員を見る

※掲載内容は取材当時の所属部署・職種に拠る

ENTRY