消費科学研究所| 社員紹介

北上 愛

北上 愛 品質管理室 繊維・雑貨グループ

2012年入社 生活環境学部

入社を志望した理由

私は大学時代、アパレルコースを専攻しており、その中で繊維のことも勉強してきました。大学で学んできたことを仕事に活かしたいと思い、品質管理という職種に興味を持ちました。就職活動を進めて行く中で、消費科学研究所という会社に出会い、繊維グループは、大丸松坂屋百貨店の苦情試験、原因究明などと、一般外部からの繊維製品の商品試験などをしている会社だと知りました。私の出身大学の先輩方が多く活躍しているということもあり、私もその一員となり、繊維製品の品質管理という形で誰かの役に立つ仕事に就けたらと思い入社を決めました。

仕事のやりがい

現在は繊維グループで一般外部企業の商品試験を行っています。商品試験といってもたくさんの試験項目があります。その中で、染色堅牢度試験や、物性試験、遊離ホルムアルデヒドの溶出量などの試験を多く実施しています。私は日頃より製品になる前の事前試験をよく行うのですが、実際に私が試験した試験品が街で買い物していたときに商品として店頭に並んでいるのを見ました。その時に、自分が試験して合格になった試験品が商品として売られていることを自分の目で実際に見て、購入してくださるお客様の為に品質を守るという実感が湧き、自分の仕事の重要さや品質管理としての役割を感じました。

北上 愛 北上 愛

仕事を通して成長した点

入社したての頃は、初めて実施する試験ばかりで毎日色んな新しい試験を実施するのがとても楽しかった事を覚えています。消費科学研究所にはたくさんの試験機器があり、布の破れやすさ、強度をはかる破裂試験、毛玉(ピル)のできやすさをはかるピリング試験、光に当てて変退色をはかる耐光試験や、など普段目にすることの無い色んな試験機器があります。1年目はそういった楽しみはあったものの、先輩方のアシスタント的な業務を任されており、自ら考えて動くという事があまりできていませんでした。2年目に入り、担当のクライアントを持つようになったので受付~報告までの流れを全て任されるようになってからは、“自分の仕事”という責任感が芽生え始め、高いモチベーションで仕事に取り組んでいます。

心がけていること

常に相手のことを考えて行動することです。社内での試験がメイン業務ではありますが、確かな品質のものを消費者に提供するためには、クライアントと深い信頼関係を築くことが大切です。クライアントのニーズに応えるということが、その商品を購入する消費者のニーズにもつながっています。私が試験をすることで、安心で安全な製品が世の中に広まっているということを忘れずにいれば、自ずと緊張感をもって仕事にあたることができます。

北上 愛

今後の目標

今はまだまだ1人ではできない所もあり、先輩方にサポート頂きながら業務を進めているので、一人でできることをもっと増やし、知識も技術も一人前だと言えるように頑張ります。繊維の専門的なことについてもまだまだ知識不足なところがあるので、セミナーなどにも参加させて頂いたりして知識を吸収し、消費科学研究所を支えていけるようになれたらと思います。試験員としてのスキルをあげ、先輩や上司からも、ご依頼頂くクライアントからも信頼され、安心して仕事を任せられる人材になろうと努力したいと考えています。

ENTRY