消費科学研究所| ビジョンと戦略

トップ > 消費科学研究所 > ビジョンと戦略

VISION

お客様情報システムを活用し、
高次元の消費者対応を実現

私たちの強みの一つにお客様情報システムがあります。大丸・松坂屋各店の売場や消費生活相談コーナーに寄せられた消費者からのお申し出や相談は、当研究所に送られ、原因等の究明試験を行います。その結果はすぐに現場へとフィードバックし、適切な消費者対応に役立てられています。
これまで当研究所が取り扱ってきたお申し出案件は10万件以上―。これらは相談事例としてデータベース化され、グループ内外問わず品質改善や品質に関する様々な問題解決に役立てられています。

お客様情報システムを活用し、高次元の消費者対応を実現

お客様情報システム

STRATEGY

消費者志向の経営を品質管理面から
トータルでサポート

高い品質が求められる百貨店の現場において培ってきた経験とノウハウを活かし、流通業のみならず一般企業においても消費者志向の経営を品質管理面からトータルでサポートいたします。使う人の視点に立ち、お客様が抱える課題に応じた商品試験の選定・企画から、苦情対応、従業員教育、品質管理マネジメントシステム構築に向けたコンサルティングまで。品質に関わるあらゆる課題に対応できるのが当社の特長です。

消費者志向の経営を品質管理面からトータルでサポート

ENTRY