• English
  • 文字サイズ:
  • 印刷する

コーポレートガバナンス体制

Corporate Governance System

コーポレートガバナンス体制の概要

持株会社であるJ.フロント リテイリングは、グループの一元的なガバナンスの中心として、グループ全体の経営の遵法性・透明性・客観性・健全性を確保するため、コーポレートガバナンスの強化を経営の最重要課題の一つとして位置づけています。
その一環として、当社は、機関設計として指名委員会等設置会社を採用しています。その理由は、次のとおりです。
①監督と執行の分離による経営監督機能の強化
②業務執行における権限・責任の明確化および機動的な経営の推進
③経営の透明性・客観性の向上
④グローバルに対応できるガバナンス体制の構築

J.フロント リテイリングは純粋持株会社であり、経営判断の迅速化・経営責任の明確化をはかるため、事業会社の業務執行事項については、グループ経営に関する重要なものを除き、各事業会社にその権限を委任しています。
なお、純粋持株会社としての当社の役割・責務は、次のとおりです。
①グループ全体のコーポレートガバナンスの確立
②グループビジョン・グループ中期経営計画・グループ経営方針の企画・立案およびこれらの進捗・成果管理
③グループ経営資源の最適配分
④グループ全体のリスクマネジメント体制の確立、内部監査
⑤グループ経営に関する重要な業務執行事項の意思決定
⑥各事業会社の経営方針・経営戦略への助言・承認およびその進捗の監督・評価

また、今後さらに企業を持続的に成長させるためには、従来の財務的な戦略・指標に加え、非財務的な取り組みの強化が必須であるとの考えから、ESGを将来に向けた事業成長の機会として捉え、グループ全体で取り組み、事業を通した社会課題の解決にも取り組んでいます。コーポレートガバナンスは、このESGへの取り組みを支え、推進する役割を担うものと考え、一層の強化に努めています。

当社は、当社グループのあるべきコーポレートガバナンスのあり方を指し示すものとして「コーポレートガバナンス方針書」を策定しており、これを絶えず見直し続けることで最良のコーポレートガバナンスの実現を目指しています。また、この方針書を広く社会に公表し、当社グループの様々なステークホルダーとともに、当社グループの持続的成長と中長期的な企業価値の向上のため、真摯かつ建設的な対話を継続していきたいと考えています。

JFR コーポレートガバナンスの体制図(指名委員会等設置会社)

「コーポレートガバナンス方針書」はこちら(PDF 479KB)

「コーポレートガバナンス報告書」はこちら(PDF 673KB)

コーポレートガバナンス