• English
  • 文字サイズ:
  • 印刷する

お取引先様と共に成長する取り組み

Initiatives to Grow Together with Business Partners

大丸松坂屋百貨店で営業管理規程を策定

大丸松坂屋百貨店では、営業上の諸活動において、特に順守すべき事項を明らかにし、コンプライアンス経営の強化と業務効率の向上をはかることを目的に、2017年度から営業管理規程を策定しました。大丸松坂屋百貨店にまつわる商品の仕入・販売・納品・出荷・売上計上、代金回収、アフターサービスに関する業務だけでなく、経費受け入れ、支払いについての、遵守すべき規程を定めました。また従業員を対象にeラーニングを実施し、社内浸透をはかりました(2020年度eラーニング受講者数:4,603名 受講率91.0%)。

販売員教育

大丸松坂屋百貨店では、現場におけるOJTに加えてキャリア自律・自己成長を支援するため、社員に対しては「通信教育講座」や「ウェビナー」のコンテンツ拡充を行い、「自ら学ぶ」機会を提供しています。

また、お取引先派遣者やアルバイト勤務者へは新規入店の際に集合講習を実施していましたが、コロナ下での三密につながる集合講習の実施態様の見直しを図るため、また「自ら学ぶ」「時間と場所に制約されずに学ぶ」「繰り返し学ぶ」を実現させるため、e-ラーニングでの講習を実施しています。

e-ラーニングの具体的な内容としては、「接客の心がまえ」「お客様へのおもてなしの考え方」「店頭で必要な業務知識」「入金のロールプレイング」「勤務店で知っておくべき情報」、また食品を取り扱う方へは「食品衛生の基本」を受講していただいています。

「フロンティアクラブ(優秀販売員表彰制度)」について

2008年より「どこよりも抜きん出た販売サービス」の実現に向けて大丸・松坂屋全社の優秀販売員を表彰するフロンティアクラブ制度を発足いたしました。

このフロンティアクラブ制度とは、大丸、松坂屋の店頭で接客・サービスに関わる社員、お取引先の販売員の中から、「接客販売の達人」を選び、表彰する制度です。

選考の基準は、売上目標達成率の高さ、笑顔、あいさつなどの基本行動、お客様からのお褒めの言葉、笑顔の素敵な販売員に手渡しされる「スマイルカード」の獲得数などであり、その結果をもとに、各店が候補者を選出。その中でも特に接客・サービスに優れていると評価された方を「Persons of The Year」として1年に1度表彰し、フロンティアクラブメンバーとして登録させていただくものです。

表彰者には大丸松坂屋百貨店社長より認定表彰の上、特別なネームプレートと副賞が贈呈されます。

フロンティアクラブ受賞者数(人)

第1回

第2回

第3回

第4回

第5回

第6回

第7回

第8回

第9回

第10回

第11回

第12回

第13回

2008年度

2009年度

2010年度

2011年度

2012年度

2013年度

2014年度

2015年度

2016年度

2017年度

2018年度

2019年度

2020年度

66

83

117

115

112

103

102

101

99

98

98

99

96

VOICE
大丸東京店 N.Y.C SAND 店長 田中 ちとせ さん

私は、2015年に大丸東京店に配属されました。東京店は乗降客数が日本第3位の東京駅と接続し、周りはビジネス街であるため、毎日さまざまなお客様がお見えになります。

駅改札内にも同様のお菓子を販売しているショップが多数ありますが、あえて改札口を出られ、大丸東京店を目指していらっしゃるお客様の多くは、「百貨店のゆったりとした空間の中でお買い物をしたい。」、「進物用の掛紙の相談をしたい。」など、百貨店ならではのお買い物に大変期待を持ってご来店されています。

お客様に接客させていただくまでお並びいただくことがあり、その間にもスタッフからいろいろなお声掛けをさせていただいております。

商品のご説明、詰合せ内容、お日持ちやアレルゲンなど、お客様が少しでも不安に思われることがあれば、その時間に解決していただけるよう心掛けています。

また最近は海外からのお客様も多く、英字メニューをご用意し、接客に活用しています。 私は大好きな接客を通じ、たくさんのお客様とコミュニケーションを取る中で経験を積み、日々自分自身の成長を感じています。再来店されたお客様から「あなたの笑顔が忘れられない。」と仰っていただいた時の喜びや感動を、現在ショップで働く25名のスタッフにも同じように味わってもらいたいですし、更にはお客様と心の通う会話のキャッチボールがスムーズにできるように、今後も指導していきたいと思っています。

スタッフ全員がいつも元気な笑顔で、感謝の気持ちを精一杯言葉に出して表現できる、ますます活気のある売り場を目指していきたいです。

サプライチェーン全体のマネジメント