• English
  • 文字サイズ:
  • 印刷する

「働きがい改革」の実現

JFRグループは、ダイバーシティの推進とワーク・ライフ・バランスの実現を通じて、「働きがい改革」を進めていきます。
当社グループの考える「働きがい改革」とは、イノベーションを生み出すダイバーシティの推進と、 生産性向上を実現するワーク・ライフ・バランスの実現を包括的に取り組むことで、個人の働きがいと組織の生産性向上を同時に実現することです。

ダイバーシティの推進として、現在は女性活躍推進や、育児中の女性社員の仕事と育児の両立支援、専門知識をもった人財の中途採用等の新しい採用形態を推進しています。今後は、男女などの性差に関係なく能力を発揮できる風土を醸成し、また専門性を高める研修などによる個人のスキルアップをサポートすることで、イノベーションの実現につなげていきます。

ワーク・ライフ・バランスの実現として、現在は仕事と育児・介護の両立のための休暇制度の拡充、フレックスタイム制勤務や有休取得促進などの勤務制度の整備、ITを活用した業務効率化を行っています。今後は、出産・育児・介護によってキャリアを中断させることなく仕事を継続できる仕組みを整え、個人での働き方改革によるワーク・ライフ・バランスの実現や、組織として生産性向上を実現する取り組みを進めていきます。

ダイバーシティの推進