• English
  • 文字サイズ:
  • 印刷する

サステナビリティ委員会の設置と社内浸透策の推進

Creation of the Sustainablity Committee and promotion of Internal dissemination measures

サステナビリティ委員会の設置

J.フロント リテイリンググループでは、ESGの重要課題への対応を通じたサステナビリティ経営をグループ全社で横断的に推進させるため、サステナビリティ委員会を設置しています。この委員会は、リスクマネジメント委員会・コンプライアンス委員会と並ぶ、代表執行役社長直轄の諮問委員会と位置づけ、半期に一度開催し、J.フロント リテイリンググループ各社の5つのマテリアリティについての実行計画策定と進捗モニタリングを行っています。また取締役会ではサステナビリティ委員会で論議された内容の報告を受け、ESG課題への長期目標や取組み進捗についての議論・監督を行っています。

〔構成メンバー〕

〔主な活動内容〕

JFR コーポレートガバナンスの体制図(指名委員会等設置会社)

サステナビリティ委員会の開催

≪第1回 サステナビリティ委員会≫ (2019年3月開催)

≪第2回 サステナビリティ委員会≫ (2019年9月開催)

※サステナビリティ委員会での論議内容については、取締役会へ報告を行っています。

サステナビリティ経営についての社内浸透

J.フロント リテイリンググループでは、全従業員でESGの取組みを推進するため、全事業会社の従業員にむけて社内報「J.フロンティア」のESG特集号を発行しました。従業員一人ひとりがESG課題への取組みを「自分ごと」として捉え、ESG課題への意識向上と、事業を通じた社会課題の解決(CSV)の考え方についての理解・共感を得ることを目的に作成しています。

また、ESG専門の社内サイトを開設し、社内外のESG情報をタイムリーに伝えるツールとして活用しています。サイト内には、事業を通じて社会課題の解決に貢献するための考え方やヒントを掲載し、サイト内のSNSでは各事業会社の従業員が双方向に情報共有を行っています。

加えて、社内研修のカリキュラムの中でESGの内容を取り入れているほか、各事業会社ごとに、経営トップ自らがESGの取組みの背景や重要性について説明を行うことなどにより、社内浸透につなげています。

社内報「J.フロンティア」ESG特集号
経営層から従業員にむけたESG説明会の様子